八方除けスポット 寒川神社


寒川神社へ行ってきました。
自宅から車で50分。腰痛でも耐えられる距離で久々に楽しんできました。

タイトルにもありますが、ここ寒川神社は「八方除け」の御神徳です。以下、寒川神社のウェブサイトより

八方除とは、地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての禍事・災難を取り除き家業繁栄・福徳円満をもたらす、寒川大明神の全国唯一の御神徳です。大難は小難に、小難は無難に、そして吉事は最大に。歩く先への恐れがなくなり、心晴れやかに毎日を過ごせます。八方除は、あなたの未来を照らす、人生の羅針盤です。

寒川神社は、全国唯一の八方除の守護神として古くから信仰されてきました。八方とはあらゆる方角を意味しており、つまり身に降りかかるすべての厄災から身を守る御神徳と言えます。約千六百年の歴史の中で、文献には源頼朝、武田信玄、徳川家代々から篤い信仰を受けてきた記録が残っています。現在では、その限りない恩恵を求めて、北は北海道から南は沖縄まで全国から崇敬者が集まり、八方除の御祈祷をお受けいただいています。

以上、寒川神社ウェブサイトより

比較的近くにある神社なので私はあまり気に留めていませんでしたが、実は全国から参拝に来られるような神社なのですね。
実は私は先月も来たのですが、駐車場が満車で入場待ちの渋滞がはるか先まで続いていたのでそのまま帰りました。松の内はもちろんですが、Webでの情報によるとどうやら1月いっぱいまでは駐車場に入るのが困難なくらいの参拝者が訪れるようです。

それで2月に入ってからと思い改めて昨日(平日のお昼前に)でかけたのですが、それでも第1・第2駐車場は満車、第3駐車場も混雑している中なんとか止められたという次第です。

ねぶた
山門横にはねぶたがありました。
これまでは毎年干支のねぶたを展示していたそうですが・・・(詳しくは下の看板画像で)

説明看板

・・・だそうです

寒川神社

広くて気持ちのいい境内。空も高く感じます

お守り
お守りも授かりました。
なお左のタイプのお守りは目的別に8色あります。健康=紫、商売・金運=黄色、縁結び=赤など。私の選んだ「白」は開運招福・満願成就のお守り。いわばオールマイティです。またお財布に入れやすいカードタイプのお守りもありますよ。

ちょうどお昼時。飲食店は神社周辺には3軒ありました。
神社前にある「参集殿」という、宴会場や写真館のある建物の中にもレストランがあり、和・洋・中華と幅広いラインナップのメニューがありました。私もそこで天重とそばのセットでランチしました。
このほか近くに蕎麦屋が1軒、第2駐車場にある土産物屋さんの2階にパスタやカレーが食べられるお店があります。
ファミレスでよければ車で数分走ればいくつも見つかるので、ランチの場所には困らないでしょう。

そしてお土産は「八福餅!」
伊勢神宮の赤福のような、お餅をあんこでくるんだ和菓子です。

そんな寒川神社へのアクセス。
電車の場合はJR相模線・宮山駅から徒歩5分。茅ヶ崎や海老名・橋本経由で都心や多摩地区からも気軽に行けます。
車の場合、圏央道が開通したおかげで遠方からでも寒川北インターまで高速道路で来られます。

電車でも車でも結構行きやすい場所です。八方除けの寒川神社へお参りしてみませんか。

あなたのこころのケア、お手伝いします

つばさカウンセリングの心理カウンセリングをご利用ください
http://tsubaasa-c.com/hg