安定している今だから -コミュニケーション学習のすすめ

例年よりも早い桜の開花。相談室から見える桜並木も満開を迎えてます。

暖かくなり、草花で街がカラフルになりました。私もテンションが上がってきます。
体の動きもよくなり、気持ちも充実して、いろんなことをやりたくなってきます。やりたくなるし、なんとなく「できる!」と自信が感じられるのです。

「なんとなく」でいいんです。根拠なんかなくても。
「なんとなく」は無意識とか野生の感覚。人間が「自然界の存在」であるからこそ感じられる感覚なんですよね。そしてこういう感覚にさせるのがこの時期の環境なのでしょう。

鮮やかな桜の花。目を閉じるとなんとなく感じる甘い香り。活気づいた小鳥のさえずり。心地よい暖かさ。光り輝く春の太陽。
これらが私たちに癒しと元気をもたらしてくれているのでしょう。視覚・聴覚・嗅覚・触覚。4つもの感覚で癒しや元気を感じ取れるのですから、セレトニンの分泌が促され、自律神経が安定することが期待できます。

傾向として、この時期は心身症的な症状でのカウンセリング利用は少なめなんです。おそらく1年のうちでいちばん気持ちが安定する、前向きになれる時期だから、またはちょうど生活パターンが変化するというリスタートの時期だからかと考えてます。
一方で自己成長に向けた方針での迷いの相談が増えます。「私はどういう方向の人生を目指したらいいのだろうか」といった人生プラン形成の相談、「部活には入るけど〇〇部と△△部のどちらに入ろうか決められない」といった選択の迷い、「こういうことをやりたいけどどうしたらいいか」と向学心(キャリアアップ)の方向性の相談など。また自分で抱えている問題を自力で解決しようと心理学やコミュニケーション理論を学ぶ目的で来室される方も今の時期に見受けられます。

これが今の時期の傾向。「前向きに頑張るために相談にいらっしゃる」と言えばいいのでしょうね。

もちろん不安解消を目的にいらっしゃる方も見られます。「新生活に対応できるかなぁ」「新たな仲間とうまくやっていけるかな」といった不安、この時期ならではの大きな不安ですよね。

ちなみに人間関係の不調の相談は5月以降に増えてきます。4月に新生活に飛び込み、とりあえず1か月は様子を見たけど、どうも人間関係がうまくいってないなと思い悩むのがゴールデンウィーク明けから夏休み前にかけけての傾向なんです。

逆に今の時期にコミュニケーション技術を学んでおくことで、人間関係のスタートダッシュを切ることができるかもしれません。1か月様子を見ることなく4月から積極的に人間関係を結べることも期待できますし、仮にうまくいかないと思ったら早い時期に自力で修正できることも期待できます。

当相談室では悩み相談でなくとも、なんとなく心理学やコミュニケーション技術を身につけたいという目的での来室も歓迎しています。「なんとなく」でいいのです。何かを学びたいという気持ちさえあれば、どんなことを勉強するかとか、どうなることを目指すのかは私と語り合っていくうちに見つかるでしょう。それを探してあなたに合った知識・技術を私から提供します。

これはワークショップの「こころ塾」というメニューで受け付けています。とりあえず「心理カウンセリング」として申し込んでいただいてもOKです。受信したときに私のほうで判断できますから何らかの形で申し込んでいただければ大丈夫です(笑)。

こころ塾のご案内はこちら

お問い合わせもお気軽にどうぞ