もういいんじゃないか

一生懸命頑張っているのにうまくいかない。 思いつくことはすべてやったのに結果が出ない。もうこれ以上どうしたらいいかわからない・・・
みなさんもこんな苦しい思いに追い込まれたこと、ありませんか?
そんな時に

「もういいんじゃないか。あなたはじゅうぶん頑張ったよ」

と言葉をかけられたら・・・。どうですか。きっと気持ちがすっと軽くなるのではないでしょうか。まさに肩の荷が下りたかのように。

カウンセリングにいらしたとある男性のお話です。夫婦の不仲に悩んでおり「なんとか離婚は避けなきゃ」と彼はあらゆる努力をしてきました。しかし奥様の態度は変わらないし、関係修復の兆しすら見えません。詳しく話してもらうと、あらゆる方策を実行し自分を犠牲にしてまで関係修復に努めた彼の大変さが私にも伝わってきました。

「 もうこれ以上、何をどうすればいいのかわからない・・・苦しいです。」
できることはやり尽くした様子も伝わってきました。そこで私は言ってみました。
「もう、いいんじゃないですか?あなたは十分頑張りましたよ。ここまでよく頑張ったと思いますよ。これだけやってもどうにもならないのだから、もういいんじゃないですか」と。

その瞬間、ずっと強張っていた彼の表情が緩み、軽い微笑みが現れたのを今でも鮮明に覚えています。 きっと「諦めてもいいんだ」という道が開けた瞬間なのでしょう。

“諦める”という選択肢。
「 一体どうしたら上手くいくのだろう」 と頭がいっぱいになっている人は”諦める”という選択肢が見えにくくなっています。まして諦めることに罪悪感を持っていたり「諦めたら負けだ」などと思い込んでる人は全く思いつかないでしょう。

でもやれることをやり尽くしたのに結果が出ないのなら、 諦めてそのパワーを他の事に注ぐ方が人生とって有効だということもあります。

「もういいんじゃないか、あなたはもうじゅうぶんがんばったよ」という言葉は、そこに気づくきっかけを与えることができる言葉です。この言葉の裏には「 諦めてもいいんだよ」「 諦めることは負けでも逃げでもない」「 私はこんなに頑張ったあなたの努力を認めてます」「 私はあなたの味方です。応援してます」といったメッセージが込められてます。 きっと安心感と勇気を与えられるはずです。

この言葉を受けて諦めるか、まだ頑張るかは その人次第です。ですがこのタイミングでこの言葉をかけられたことで、味方がいるという安心感を感じながら一旦立ち止まって冷静に考えることができたはずです。その決断を、引き続き応援していきましょう。