エンカウンターグループとは


エンカウンターグループには大きく分けて”構成的エンカウンターグループ”と”非構成的エンカウンターグループ”の2つの種類があります。

構成的エンカウンターグループは主に会社の研修や教育現場で用いられる指導的・教育的なエンカウンターグループです。グループ内で課題を設定し、その課題達成に向けてグループでエクササイズとシェアリングをするグループワークです。

非構成的エンカウンターグループは課題や目的を設定せず、その日・その場に集まったメンバーで、感じた事、思ったことを思うままに本音で話し合っていくグループワークです。”ベーシックエンカウンターグループ”とも呼ばれます。参加者それぞれの自発性を尊重し、受容的・共感的な参加者の中で語り合うことによる自発的な自己変容が期待できます。

横浜エンカウンターグループでは”非構成的エンカウンターグループ”を行っています。ここでは非構成エンカウンターグループを重点的にご案内します。

非構成的エンカウンターグループはカール・ロジャーズ博士(1902年~1987年)が、自身で唱えたPCA(パーソンセンタード・アプローチ)の考え方に基づき1960年代に実践されました。
ロジャーズはアメリカの心理学者で、技法よりも「カウンセラーとクライアントの人間関係」を重視し「積極的傾聴」を主張した現代のカウンセリングの基礎を築いた人物です。クライアントを中心に据えて考えるのでPCAと呼ばれます。

ロジャーズはPCAはカウンセラー対クライアント(=カウンセリング)だけに留まらず、「一人ひとりの人間の個別性、独自性を尊重し、あらゆるコミュニティとの積極的な人間関係を深めようとする考え方である」とし、この考え方に基づいて”エンカウンターグループ”を実践しました。

エンカウンターグループは10人程度のメンバーが何日か一緒に過ごし、互いに尊重し合う自由な雰囲気の中で、本音で交流する場です。

参加者とファシリテーター(=促進者)が輪になってわかちあいます。そこにはあらかじめ決められた話題はなく、グループの方向性は参加者の自発的な動きによって変わってきます。
参加者から希望が出れば体を動かしたり心理学的なエクササイズをすることもありますが、通常はテーマの定めのない自由な話し合いを中心に進められます。

<以下編集中>