ワークの雰囲気


エンカウンターグループには基本的な定義がありますが、同じエンカウンターグループは2つとないと言われるほど主催者・ファシリテーターによって雰囲気や方向性に違いがあります。
横浜エンカウンターグループにも特有の雰囲気や方向性があります。ここでは横浜エンカウンターグループでの雰囲気や方向性をご案内します。

エンカウンターグループの基本的定義はこちら

横浜エンカウンターグループではエンカウンターグループの中でも”非構成的エンカウンターグループ”を行っています。生きづらさやお悩みのわかちあいはもちろん、みなさんが持っている独自の思いや考え方を、安心できるメンバーの中で語ることで、普段は自分の中に閉じ込めている「あなたらしさ」を存分に発散してもらいたいと考えています。

非構成的エンカウンターグループの基本ルールを守りつつ、横浜エンカウンターグループではいくつかの特徴を持って運営しています。

●コミュニケーションを重視したエンカウンターグループ
本来エンカウンターグループでは意見のぶつけあい、激しい討論を伴うことがありますが、当所ではあえて威圧的な言い争いになりそうなときはコントロールします。参加者に対しては開始時にローカルルールとして「受容的・共感的な態度を持つ」ことをお願いしています。
またご自身の思いや考え方を表現するのが苦手な方、他者とのコミュニケーションを苦手に感じている方には、この場をコミュニケーションのトレーニングの場として活用していただきたいと思ってます。ここで「自分らしく」語ること、それがきちんとメンバーに受け入れられる嬉しさを体験してもらい、自信を持っていただける場でありたいと思っています。
安心できる場で、安心できる仲間と、こころの内を思う存分語れるワーク。ここで「何か」を感じ、自己の成長につながることを期待しています。
●働く上での悩み・問題・不満などのわかちあいにおすすめ
横浜エンカウンターグループは平日夜の開催。お仕事帰りに参加される方が多くいます。同僚や上司とは違い気楽に語り合えるメンバーの中、お仕事上の悩みや問題をわかちあうこともよくあります。いろんなお仕事・役職の方とお話ができ、あなたとは違った視点からの何か新たな気づきが得られることもあります。
また当所ファシリテーターは国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラー資格を保有しています。だからといって目立った口出しはしませんが、必要に応じて専門的・現実的なフィードバックをさせていただくこともあります。
●もちろん普段の生きづらさのわかちあいにも
ここでわかちあう生きづらさはお仕事のシーンに限りません。日常抱えている生きづらさも話題になっています。悩み、問題、不安に寂しさ。誰かに話すことで解消の第一歩になるかもしれません。誰にも言えない思い、聞いてもらえない思いを、安心できるメンバーの中で思いっきり話すだけでスッキリすることもありますし、他の参加者からの言葉があなたにとって有効なフィードバックになることもあります。
●自慢話だっていいんですよ!
わかちあいのワークというと「悩みや生きづらさについて話題にしなきゃ」と思われがちです。ですが、あなたが頑張ったこと、努力して達成したこと、持っている能力について思いっきり語っても構いません。実はこれらのことを「自慢話になるから」と他人に話せずにいる人がとても多いのです。他の人に自分の努力を知ってもらえること、応援してもらえること、励ましてもらえること。これらはあなたの自己肯定感の向上につながり人間的成長を促すものです。あなたが頑張ったこと、できるようになったことを、ここで話して他のメンバーに知ってもらいましょう!
と、こんな感じの雰囲気です。でもあまり深く考えずにまずは一度気軽にご参加ください。
以下のことを参加のコツというか心構えにしていただければ大丈夫です。

ここでのお話には守秘義務を課します

●「こんなこと話していいのかな?」と気にすることなく、安心してお話しください

●無理に発言しようとしないで大丈夫です。話したいことを話し、話したくないことは話さなくて構いません

●ほかの人のお話は肯定的に聴くことを心掛けてください
・もちろん「自分の考えと違う」と感じることもあると思います。その場合は「私は…と思う」と、自分の考えとしてフィードバックしてあげてください

●沈黙が続く時間も結構ありますが、恐がらないでください
・静まり返っているからといって、無理に話さなきゃと感じる必要はありません。
・沈黙が続いてる中で「このことを話したい」と思いだすこともあるでしょう。その場合は思い切って話を切り出しましょう
・沈黙が続いたときは話題を変えやすいです。自分が分かち合いたいことを言い出せていなかったらこのタイミングがチャンスです。「話題を変えてもいいですか?」と伺いを立てるとより変えやすいかと思います