「旦那が家にいる」というストレス

新型コロナウイルス感染拡大防止および緊急事態宣言で出勤停止やテレワークなどで自宅で過ごす方が増えていますね。そんな中、主婦や共働きの奥様からこんな声が上がっています。

旦那がずっと家にいるのがストレス
することもないのに家のことを何も手伝ってくれない
一日中ゴロゴロしては「ごはんはまだか」などと言ってくる
子供だけでも手一杯なのに「大きな子供」がもうひとりいる

確かに家事や子供の世話だけでも大変なのに、お客様のごとく偉そうに家にいる旦那の存在は奥様にとって耐えがたいストレスでしかないですね。

新型コロナウイルスがいつ収束するのが見えない今、このストレスもこのままではいつまで続くかわかりません。そこで奥様のストレスを軽減するためにはどうしたらいいかをいっしょに考えていきたいと思います
全ての旦那さんに通用するものではないでしょうが参考にしていただければと思います。

家事に旦那の居場所を作る

旦那はなぜゴロゴロしているのか、家事をしないのか。
もちろんただのグータラというケースもありますが、実は居場所がない、何をどうすればいいか勝手がわからないからのかもしれません。

キッチン周りを例に考えてみましょう。
普段キッチンは奥様が主体で使っているでしょう。そこで奥様自身が使い勝手がいいように物を配置したり、家事の進め方も自分なりに効率のいいパターンを決めていませんか。

このようなキッチンは、旦那から見ればむやみに手を出してはいけない「奥様の聖域」のように感じられることがあるのです。
キッチンだけでなく家全体でもこのように奥様が実効支配(!)しているエリアが大部分を占めていませんか?

そこには奥様なりのルールがあって、それを知らずに家事をしたところで奥様に怒られるのがオチ。それが嫌だから家事は奥様に任せたほうがいい(あえてやらない)という考えが旦那に植え付けられていることがあるのです。
これが「家事に旦那の居場所がない状態」です。このご時世でもあたりまえのように家事参加している旦那さんは、きっと普段から家事に参加していて家事に旦那の居場所があるのです。

そうであるなら、家事に旦那の居場所を作ればいいのです。
「家事に俺の居場所がある」と感じてもらえたら進んで家事参加してくれることが期待できます。「風呂掃除は俺の聖域だ」「食器洗いは俺の舞台だ」といった具合に。

全面的に旦那に任せる

では「家事に旦那の居場所を作る」とはどういうことかを考えていきましょう。

先ほどのように普段会社勤めをしている(家事をしない)旦那にとって、家は奥様が実効支配している「奥様の聖域」という印象を持っていることがあります。
そこで旦那にやらせる部分は全面的に旦那に任せる、つまり奥様の支配を解いて旦那の自由にさせてあげることが有効です。

たとえばジャガイモの皮むき。旦那がピーラーで剥いているところを「包丁でやらなきゃダメ!」などと口出しして「奥様の求めるやり方」を強制しようとしてないでしょうか。

「旦那に家事をさせるのが目的」なら、ここは旦那の興味をひいてやる気を出させることが重要です。
奥様としては旦那のやり方を矯正したい気持ちがあるでしょうが、ここは旦那のやり方に口出しするのを控えて旦那に任せましょう。結果としてできていれば、やり方は旦那の自由にしてあげましょう。

そうして旦那の自由を増やすことが、家事においての旦那の居場所を作ることにつながります。それが結果として奥様のストレス軽減になるはずです。

及第点でOKとする

旦那のやった家事に、奥様は絶対不満があるはずです。あそこができてない、ここがやり残されてるなど。細かく見ればきりがありません。

ここは旦那をコントロールするよりも、奥様の考え方を切り替える方が手っ取り早くて有効です。
「旦那の家事はこんなもんだ」「完璧になんかできっこない」と。

そこで奥様が求めている「完璧」のほかに「及第点」という基準を作ることがお薦めです。最低限ここまでできていればよしとする、という基準です。
「なんで完璧にやってくれないの!」とイライラするよりも、「旦那の家事なんてこんなもん。困らない程度にできていればいいでしょ」くらいに考えた方がストレスをコントロールできるはずですから。

もしも家庭がひとつの会社だったら

ここまで書いてきたことは、会社に例えるとわかりやすいかもしれません。

「旦那が家のことを何もしてくれない」
こう嘆いている奥様は普段から家のほとんどのことを取り仕切っている人のはず。会社に当てはめると管理職級の能力をお持ちだといっていいでしょう。
それに対して何もしない旦那は・・・そう、仕事のできない部下ですね。

「株式会社おうち」では奥様は上司、家事を手伝ってくれない旦那は仕事のできない部下です。仕事のできない部下は仕事ができるように教育・指導をして戦力化すればいいですよね。
しかし部下には仕事ができない理由または要因といったものがあります。指導・教育するにしてもその理由や要因に合わせたものでないと効果が出ません。

人事異動で転勤してきた社員は、しばらくは職場の勝手がわからずどう動いたらいいのかがわからないものです。みなさんも人事異動の直後に1度や2度は経験あるのではないでしょうか。
それと同じで、今の旦那は家庭(奥様の聖域)に人事異動してきたようなもの。奥様が実効支配しているおうちで旦那はどう動いたらいいのか戸惑っているのかもしれなません。でも奥様がサポートして環境に慣れさえすれば、旦那も本来の力を発揮できるのかもしれません。

また仕事ができていても上司の思い描いている通りでないと怒られるのって、息苦しいですよね。最低限のこと、及第点レベルのことはできているのに「完璧にはできてない」という理由で怒られたりダメ出しされた経験、ありませんか?
任された仕事を自分の思うようにやらせてくれると伸び伸びとできますよね。気分良く仕事ができるとやる気になりますし、いろんなアイデアが浮かんだり、実力以上の能力が発揮できることもあります。
それと同じです。家事も奥様の理想に当てはめるのをやめて、旦那の思うように自由にやらせることでやる気になりやすくなるはずです。

とにかく家事をしてもらう

奥様のストレスを解消するもっとも効果的な方法。
それはもちろん旦那に家事参加してもらうことです。

もちろん完璧に家事をこなしてくれれば満足ですが、あえてそこまでの期待をせずに「どんな形であれ」家事をやってくれればいいと考えてみましょう。
普段家事をやらないような旦那は、突然家事を頼んだところで完璧になんてできっこないんです!
高望みをするとそれがストレスの要因になってしまいます。それよりもどんな形でもいいから家事をしてくれればいいと考えるようにすれば、まずは家事参加してくれるだけでも奥様のストレスは軽減するはずです。

外出自粛がいつまで続くか見えない今は、奥様のストレスをいかに軽減するかを第一に考える時です。今は完璧な家事を求めるのではなく、「目の前からグータラ旦那を撲滅すること=奥様のストレス軽減」を目的にして、とにかく家事参加させることを目指しましょう。

それでも解消されないストレスもある

「コロナ離婚」
最近Twitterなどでトレンドに上がるワード。夫婦が一緒に家にいる時間が長くなって夫婦仲に亀裂が入るケースが増えています。夫婦間のストレスが限界に達するとコロナ離婚は現実味を帯びてきます。

ここまで旦那の家事参加を促す形で奥様のストレスを軽減する方法を考えてきました。しかしこれで家事参加してくれる旦那はまだ比較的マシな旦那です。家事をしない旦那のタイプには本当にグータラなタイプ、「家事は女がするものだ」などと化石化した前近代的な考えなタイプなどはこの程度では変わらず奥様のストレスであり続ける可能性があります。

これでも解消できないストレスは、話して発散しませんか。
カウンセリングでは「奥様の気持ちを発散してもらう聴き方」と「ストレスとなっている問題を解決する方法を考える聴き方」をご用意しています。通常はこちらで判断していますが、ご希望があればぜひお申し付けください。

カウンセリングでストレスを軽減しませんか。
ご利用お待ちしてます。

ルームカウンセリングは新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う緊急事態宣言が解除されるまで休止しています
Web/通話/LINEでのカウンセリングは通常通り実施しています

コメント