エチゾラム(デパス)を飲んでみた

向精神薬としてよく用いられる薬にデパス(一般名:エチゾラム)という薬があります
私もカウンセリングで、心療内科を併用されているご利用者様から、不安が募って苦しいときにデパスの量を増やして落ち着かせるという話をよく聞きます。でも落ち着くけど切れたらまた元に戻る、デパス依存になってしまわないかと考えるとに怖いということを訴えられます

私は今までデパスを服用する機会はなかったのですが、先日体のあちこちに痛みが出てペインクリニックに行ったところデパスを処方されました。デパスは向精神薬以外にも痛み止めとして処方されることがあるのです
思ってもいないところで私自身がデパスの服用体験をすることになりました

飲むとこんな状態に

私が処方されたのはエチゾラム(デパス)0.5mg錠。1日1回、寝る前に1錠服用するというものでした
私の症状は全身に痛みがあり、寝る際にどういう姿勢をとっても体重がかかるところが痛んで寝られないという状態でした。が、デパスを服用すると痛みが和らぎグッスリ眠ることができました。その面ではありがたく思いました

しかし朝方が問題。早朝の4時とか5時に目が覚めてしまい、その後眠れなくなったのが困りました
目覚めると体の痛みがでてきて眠れないというのもありましたが、ほかに、なんだかいろんな考えが頭をめぐって興奮しているかのようで眠れせんでした
結局のところ一時的に深い眠りにつくことはできるのですが、睡眠時間としては短時間なのであまり寝た気がしませんでした

そして日が昇り起き上がると、ボーっとしているというか、なんかハイになっているというか。用事でどうしても車を運転しなければならなかったのですが、判断力がいつもより鈍いと感じました。そこでスピードを落としたり、信号の色を口に出してみたり、指差し確認するなど普段以上に慎重に運転してなんとか用事をこなしましたが、家に帰るとあまりのだるさでそのまま寝込みました

こんな状態で3日飲み続けたのですが、その間にこんなことを感じました
・痛みから解放されるのは確か
・気分は高揚する
・でも頭がフワフワした感じでなんだか自分が自分ではない感覚
・必ずと言っていいほど早朝に目が覚めてしまい日が昇るまでの時間が憂鬱
・薬の効果が切れた時に一気に落ち込みそうで不安
・この薬に依存してしまうのではないか、この薬なしで生きていけなくなるのではないかという不安
効果も実感できるのですが、不安の方がとても気になるようになりました

服用をやめるにも気をつけないと

そこで服用をやめたいと考えたのですが、薬の使用上の注意で「勝手にやめると副作用が出るので必ず医師の指示を仰いでください」と書かれていて・・・やめるのも怖い状態でした
ペインクリニックの次の診察日まではまだ4日もある。そこで調剤薬局の薬剤師さんに相談した上で服用をやめました。その後ペインクリニックでの診察時にこの状況を担当医に伝えたところ、別の薬(鎮痛だけが目的の薬)に変えてくれました

担当医および薬剤師さんのお話では、私が処方されていた「0.5mg錠」というのはエチゾラムの中でも一番少ない量だそうで、それを1日1回というのはいわば「最小限の量」ということ。なのでこの量なら合わなければ突然やめても影響はないとのことでした
ただ残薬があったので「調子が悪いときだけ飲むのはどうか」と聞いたところ、それはダメと言われました

必要な人もいる

ここまで私の体験及び所感を書いてきましたが、決して「デパスは危険だ、飲むべきではない」と言いたいのではありません
「ほんのひとときでも楽になれたらいい」・・・重い精神疾患を患っている方にはこういう方もいます。そんな方にはQOLを一段階でもあげるためにも有効な薬です

逆にそこまで症状が重くない人にとってはちょっと注意が必要かなと、私個人的には感じています
楽になれる(ハイになる)→ 効果は一時的 → 飲むと楽、飲まないと不安になる → 依存 というサイクルに陥る可能性が高いのではと感じたからです
メンタル不調を抱えている人にとって、薬への依存症を気にする方は非常に多いと思われます。私は服用を体験して、デパスはかなり気持ちが楽(というかハイテンション)になり、一方で薬が切れた際の落ち込みが大きく依存のリスクが高いことを感じました

ここではデパス使用の是非を問うことはしません
必要な人にはありがたい薬ですが、使わなくても何とかなるのなら使わないに越したことはないですね

処方されるときに希望を出してみよう

私がデパスを処方されたのはペインクリニックでしたが、この体験後に別件で心療内科へ通院する機会がありました
薬を処方される際にこのデパス使用経験を伝えて「できれば漢方薬にしてほしい」と希望を出したら四逆散という漢方薬にしてもらえました

どこの心療内科でもやってもらえるかはわかりませんが、もしこの記事を読んでデパスを使いたくないと思われたならこういった希望を出してみるのもひとつの方法かと思います

薬に頼らない手段も

薬に頼らなくてもいいのなら頼らないに越したことはありません
で、心療内科に通うとほぼ薬での治療になってしまいます

私の立場上、宣伝じみて恐縮ですが(苦笑)・・・
心療内科に行く前に心理カウンセリングを試してみるのもおすすめです
薬を使わず、話すだけで回復できれば理想的ですよね
それで回復が見込めないようなら、それから心療内科(薬での治療)を検討されても遅くはないと思います

コメント