辞めようかなぁと考え始めたら *キャリアコンサルティング

10連休のはじめにここで“連休後にこころの危機はやってくる”という記事を書きましたが、みなさんいかがでしたか?
無事に乗り越えられた、そもそもそんな危機などなかったなら何よりです。
一方で今でも不安や無気力を引きずっている方はなるべく早く回復するよう、何かしらかの行動を起こすことが必要です。
心理カウンセリングももちろんですが、働くことに関する悩みなら、より専門的なキャリアコンサルティングを利用することもおすすめします。

「後悔しないのなら」転退職も有効な道

テレビのニュースで見たのですが、「退職代行サービス」という業者があり、連休が終わるころから依頼が増加したそうです。
特に新社会人のみなさんにとって、4月は不安と混乱と忙しさでいっぱいだったはず。そんなタイミングでの長期連休。長い時間職場から離れることで自身の1か月の働きぶりを振り返り、今後のことを考えさせられた・・・そんな方もいるでしょう。

思っていたのと違う
思うようにいかない
やっていく自信がない
1か月やってみていろいろ思うことが出てきた人もいらっしゃると思います。実際に入社してみて想像とのギャップや能力不足などを実感している方もいるでしょう。
そして「この会社、辞めようかな」「ほかの道を選んだほうがいいかも」などと退職、転職という選択肢が頭に浮かぶ傾向があります。

人生の選択として退職・転職という道はアリです。ただし後から「あの会社でがんばっていたら・・・」と後悔しないことが前提です。つまりここで辞めることがあなたにとってためになるのかをじっくりと、冷静に、長期的視野に立って考えて結論を出すことが大切です。

後悔しない決断、お手伝いします

でもそういうふうに考えを深めるにはどうしたらいいのでしょう。

「今の仕事、辞めたい」「転職して自分らしく働きたい」
こういう考えを親や先輩、先生など目上の人に相談すると「それはあなたのわがままだ」「まだたった1か月じゃないか」「単なる逃げだ」「転職しても同じだぞ」などと頭ごなしに否定される。そんなイメージからひとりで考え、ひとりで決断してしまう。そんな人が多いと思います。

ひとりで考えるということは、あなたの主観が大きく影響してしまいます。そんな状態で出した結論は、実は偏っていたり歪んでいる考えによるものかもしれません。それがあなたの人生を狂わせる原因になることもあります。

その辺を「いっしょに考えて、あなたにとって本当にためになる選択を導き出すお手伝いをする」のがキャリアコンサルティングです。

辞めることも、夢を追うことも否定しません

もちろんそれは親や先生などでも構いません。では、キャリアコンサルタントに相談するメリットはなんでしょう?

キャリアコンサルティングでは転職・退職という選択肢が思い浮かぶことを否定はしません。あなたがそれだけ思い悩んだ要因があるのは事実ですし、転職したほうが幸せな人生になることもあるからです。ですがそうはならないケースもあります。また今の試練を若いうちにがんばって乗り越えることこそが、将来的に最高の人生につながるかもしれません。

だからといって転職・退職の是非をひとりで考えると「ラクな方へ」「夢のある方へ」と偏った考えになりがちです。ですが転退職の是非は理想論や可能性だけで考えるのではなく、きちんと建設的に考えることが必要です。建設的に考えるには、ひとりで決断しないで周囲に相談することが有効です。自分自身のことを考える際には、そういう傾向を指摘してくれる人が必要なのです。

この点は親や先生でもできることです。だけど「ここまでしかできない人」こそが、先ほどの通り転職や退職を頭ごなしに否定する傾向があるのです。

先ほど「建設的に考えることが必要」「夢のある方へ偏りがち」と書きましたが、あなたが充実した人生を送るには夢を追うことも考慮すべき要素です。
親や先生に相談すると安定性や現実的な考えに偏り、夢を追うことを否定する傾向があります。
その点、キャリアコンサルタントはあなたの夢も尊重します。言うならば「あなたの夢を職業人生を通じて達成させる手段を建設的に考えていく」ことを究極の目的として、そのための最善策をあなたといっしょに考えていきます。

気軽に利用できます

現実にも偏らず、夢を追うことにも偏らない。両者をバランスよく人生に取り入れる方法を建設的に考える。それができるのがキャリアコンサルティングです。
思うような会社じゃないからと辞めようかと思い始めた方、転職しようか迷っている方。いっしょに建設的に考えてから決断してみませんか?

そのほかにもお仕事や働くことに関する相談にお気軽にご利用できます。みなさまのご利用、お待ちしています。